MENU

大王製紙の火災原因やけが人は?過去にも火災してた実例と動画もこちら

  • URLをコピーしました!
kabu

こんにちはkabuです。今回は、

大王製紙の火災について書いていきます。


目次

大王製紙の火災原因やけが人は?

kabu

5月23日の午後7時前に、愛媛県四国中央市にある「大王製紙の三島工場」から黒煙が上がっていると通報があり、消火活動が行われました。


エリエールは大王製紙のブランドで、トイレットペーパーやティッシュペーパーの他


オムツの「GOO.N(グーン)」や生理用ナプキンの「elis(エリス)」などの商品を販売しています。



大王製紙によりますと、この工場は3交代制で24時間稼働し、紙製品などを製造していて、

燃えているのはボイラー部分とみられるということです。

火災が発生したエリアに従業員がいるかどうかなどは確認中だということです。

https://newsdig.tbs.co.jp/


  • 燃えているのはボイラー部分
  • 逃げ遅れた人や、けが人がいるのかは現在調査中
  • 三島工場の生産量は年間約210万トン
    国内紙・板紙生産量の約8%のシェアを占めている



大王製紙の三島工場は過去にも火災してた

kabu

2019年1月6日にも大王製紙の三島工場は火災を起こしていました。

その被害状況と発生原因や対策の報告書も公式サイトより公開されています。



2019年1月6日(日)に当社三島工場(愛媛県四国中央市)において発生しました火災事故につきまして、

近隣住民の皆様、お取引先、近隣企業、関係行政機関、株主の方々等、多くの関係者の皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

その後の火災事故の被害状況と発生原因及び対策についてお知らせいたします。

なお、火災の影響により一部生産設備の操業を見合わせておりましたが、1月14日(月)に全面復旧しております。

引用元:https://www.daio-paper.co.jp/news/n190117/


  • 三島工場動力設備ヤード内にある燃料破砕機から出火
  • けが人は無し
  • 火災原因は、金属片や石などの硬い異物が破砕機に入り、刃との接触により火花が発生し燃料に引火した可能性
  • 破砕物(燃料)が刃の上に貼りつき、刃の摩擦熱で 燻った後、破砕物に引火した可能性



大王製紙の火災動画



大王製紙の火災のツイッターの声

大王製紙の工場で火事??
紙、工場、大丈夫かよ…

引用:https://twitter.com

あちこちで用水破壊で農業停止、枚方でもハトのフン問題で米停止
次は大王製紙工場で火災、紙すら奪うのか

引用:https://twitter.com

大王製紙で火災…?!
どうか、早くおさまってくれますように……

引用:https://twitter.com

大王製紙ってエリエール…

引用:https://twitter.com

大王製紙、火事やて。
あの辺りの道、ただでさえ普段から混むんよね。

引用:https://twitter.com

過去にも火災してたとか怖すぎる。
そして全面復旧までに8日くらいしか、かかってないてどゆこと。

トイレットペーパーとか値上がりしちゃうのかな…

大王製紙の株価下がりそう

エリエールどうなっちゃうのよ?

紙とか、ほこりとかでめっちゃ燃えちゃいそう

また火事か…
ボイラー部分とか今は一部かもだけど、いつか大きな事故になりそう。
従業員さん達怖いだろうな


大王製紙の火災まとめ

kabu

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記の記事もあわせてご覧ください。

シェアしてくれたら感謝です
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる