MENU

成人年齢引き下げの問題点は?税金は?みんなはどう思うのか

  • URLをコピーしました!
kabu

2022年4月1日から、成人年齢引き下げで18歳から大人扱いになります。

日本全国でも話題になっています。

そこで今回は、

・成人年齢引き下げの問題点は?

・成人年齢引き下げで税金はどうなる?

・みんなはどう思う?ツイッターの反応


を、まとめてみました。

目次

成人年齢引き下げの問題点は?

出典:pixabay

成人年齢引き下げの問題点はあるのか?を調べてみました。

  • 18歳からクレジットカードや親の同意なしに作れるようになるので、リボ払いなど借金を作らないように注意です。
  • また、携帯電話も親の同意なしに契約できてしまうので注意です。

成年に達すると、親の同意がなくても自分で契約ができるようになりますが、未成年者取消権は行使できなくなります。

つまり、契約を結ぶかどうかを決めるのも自分なら、その契約に対して責任を負うのも自分自身になります。

そうした消費者トラブルに遭わないためには、未成年のうちから、契約に関する知識を学び、様々なルールを知った上で、その契約が必要かよく検討する力を身につけておくことが重要です。


成人年齢引き下げで税金はどうなる?

出典:https://www.gov-online.go.jp

税金は18歳や20歳から支払うわけではありません。未成年の子供だとしても税金を支払っている場合があるんです。

お金を稼いでいれば未成年でも税金を支払う場合がある。

学生(未成年)でもアルバイトなどをして多くのお金を稼げば、所得税や住民税を支払うことになるんです。

kabu

税金の支払いはこの年齢引き下げで特に変わったことはなさそうです。

仕事をしていれば18歳でも20歳でも税金を払うことになります。

そんな成人年齢引き下げがSNSでも話題になっています。

「みんなはどう思うのか?」のツイッターの反応を見てみましょう。


成人年齢引き下げみんなはどう思う?ツイッター反応まとめ

精神年齢まで引き下げないように。

成人年齢引き下げってことはプロフに成人済って書けてしまうってこと!?

破滅への道が近づいてるだけ

成人年齢引き下げで成人済の高校生が爆誕してしまう

婚姻年齢も男女共に18歳になるよね?だから成年擬制の制度も廃止になるのかな …


成人年齢引き下げまとめ

kabu

お酒やタバコは今まで通り、20歳からのようです。

これを勘違いする人が多くいそうです…

なのでテレビやニュースできちんと説明してほしいですね。

シェアしてくれたら感謝です
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる