MENU

内海哲也の引退理由!「話があるから聞いてくれる?」家族も号泣..引退後はコーチの道へ

  • URLをコピーしました!
kabu

こんにちはkabuです。今回は、

西武「内海哲也」投手の引退について書いていきます。


目次

内海哲也の引退理由は何?

kabu

8月16日の朝、「西武の内海哲也投手が今季限りで引退」というニュースが出ました!

突然の発表に野球ファンの多くがびっくりしましたよね。

引退の理由は何なのでしょうか?


内海投手は2003年にドラフト自由枠で巨人に入団し、2011年からはエースとして活躍し、2年連続最多勝という記録も持っています。

そんな内海選手ですが、開幕前から1軍で戦力になれなければ引退すると決意して今シーズンに挑んでいたようです。

今年40歳を迎えた内海投手、精神的にも体力的にも厳しさを感じていたとのことです。




家族も号泣..家族構成や子供は何人?内海哲也

kabu

2007年に結婚されている内海投手ですが、お子さんは何人いるのでしょうか?

家族にはどのように引退を伝えたのでしょう?


内海投手には男の子3人、女の子1人の4人のお子さんがいるようです。

4人のお子さんと奥様には8月6日の夜に引退を伝えたそうです。

静かに引退を伝える内海投手に家族は全員涙を流していたそうです。

きっと家族全員で内海投手を応援していたんですね。家族あっての野球人生だったのではないでしょうか。




内海哲也の引退後はコーチの道へ

kabu

選手として華々しい成績を収めてきた内海投手。

引退後はどのような道に進むのでしょう?


今季は選手兼コーチとして活躍していた内海投手。

引退後は、コーチの道へ進むそうです!

すごい記録を持っている選手ですので、後輩の育成でも活躍してくれそうですね!

内海投手のコメントも公開されているので引用します。

現役選手としてやりきったとコメントしてますので、今後のコーチとしての活躍も楽しみですね!


「このたび、今シーズン限りで現役を引退することを決断しました。今の気持ちは『やりきりました』の一言です。19年という長きにわたってご声援を送っていただきましたファンの皆さま、支えてくださった関係の皆さまに心から感謝申しあげます。

振り返りますと、リーグ優勝や日本一になることができ心から喜んだこと、ライオンズに移籍した2019シーズンは、1度も1軍のマウンドに上がれず悔しい思いをしたこと、今シーズンは目標にしていた2000投球回数を達成できたこと、新たに投手コーチとして投手の育成に微力ながら携われたことなど、いろいろなことがありました。

すべてがいい思い出で、本当に幸せな野球人生を送らせてもらいました。来月には記者会見を行い、その場で感謝の言葉を直接お伝えしたいと考えています。19年間本当にありがとうございました」

引用:https://www.nikkansports.com/



「内海哲也 引退」ツイッターの声

内海哲也引退と聞いて仕事にやる気が出なかった午前中

引用:https://twitter.com

生え抜きじゃ無いのに内海の引退セレモニーみたら多分俺は泣いてまうわ

色々あったろーけどライオンズの若手の鏡よく貢献してくれた

一歩でも前へって26+1で27選んだのカッコよすぎるわ

最後まで走り続けて燃え尽きろ内海哲也!!!

引用:https://twitter.com

内海には感謝しかない。

実際のライオンズでの勝ち星の数以上に、人として後輩に与えた影響の大きさがチームへの貢献だったと思う。

優勝して内海を胴上げしたいね。

引用:https://twitter.com

内海さん 今までお疲れ様でした 内海と言えばカーブで三振を取るイメージで強気と気合いで完投する投手

最後の引退試合で強気と気合いで勝利投手を掴み取ってこれぞ〜内海哲也

引用:https://twitter.com

内海さんお疲れ様でした

この試合見てた時低学年ながらとても印象強くて今でも覚えてます

個人的に投げ方がほんとに1番好きなピッチャーだった!

日本一戦士が引退するのはやっぱり悲しい

沢山の感動をありがとうございました!

引用:https://twitter.com

朝から突然の衝撃ニュース…

ついに内海もに引退かぁ〜

19年間お疲れ様でした!

引退試合は必ずリアタイする!!

最後までかっこいい姿を見せてくれてありがとう!

コーチになっての活躍も楽しみ!



内海哲也の引退理由まとめ

kabu

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記の記事もあわせてご覧くださいね。

シェアしてくれたら感謝です
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次